×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

酒のつまみ

つまみには、人それぞれ好みがあります。ある酒のつまみランキングでは、ホルモン焼きがダントツ人気でした。続いてレバ刺し、焼き鳥でした。ビールなら枝豆、ワインならチーズなどなど、酒の種類により酒のつまみも変わってきます。沖縄では、ちょっと変わったつまみがあります。このつまみ、「豆腐?」といい、島豆腐を米麹・紅麹・泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品です。琉球王朝時代に明から伝えられた「乳腐」が元になったと言われています。ビールや焼酎などの酒のつまみとしてお薦めですが、飲めない方にはちょっと厳しいつまみかもしれません。

日本のつまみ

つまみと言えば珍味。日本三大珍味には、ウニ(塩うに)、カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)、このわた(なまこの腸の塩辛)があり、酒好きのつまみとしては最高ですよね。世界三大珍味には、キャビア、トリュフ、フォアグラが有名です。

日本各地のつまみ珍味の一部を紹介します。北海道のつまみと言えば、かんかい(氷下魚)と言う名前の干物。東北のどんびこ(鮭の心臓)は、レバーに似た食感。関東のおつまみとして有名なのは、くさやの干物、その名からとても臭いけれど、保存性にすぐれ塩分も少ないそうです。中部はざざむし、かわげら・かげろうの幼虫で高級珍味だが見た目はグロテスクです。近畿は鮒寿司、中国はままかり、四国はかつおのへそ(かつおの心臓)。九州のつまみのけのしんのすけは、有明海のイシワケイソギンチャクを味噌煮・醤油煮や唐揚げにしたものです。沖縄では海ブドウがあり、最近スーパーでも見かけます。全国いろんなつまみがありますね。

ワインのつまみ

ワインのつまみにも色々あります。好みを聞けば色々な物があがると思いますが、ワイン好きの知り合いが出してくれたワインに合うつまみのチーズを紹介します。

ワインのつまみと言えばまずはチーズ。ワインに合うおつまみチーズとして、白カビのカマンベール、青カビのロックフォールがお薦めです。ワインが飲めない人でも、カマンベールチーズはいけるのですが、青カビのロックフォールは単品ではかなりマニアックかも?

最近、ワインのつまみとして最もはまっているチーズが、北海道十勝花畑牧場(タレントの田中義剛経営長を務める牧場)のカチョカヴァロです。カチョカヴァロを厚めにスライスして、フライパンでオリーブオイルを熱してから焼きます。ワインのつまみお薦めチーズの中で、カチョカヴァロは私も大のお気に入りです。チーズの他に、ワインのつまみとしてドライフルーツもいけますね。中でもブドウ&葡萄で干しブドウが一番!個人的には京都のお漬物もお勧めですよ。